【珍しい人工骨頭】大腿骨頚部骨折で大腿骨距を損傷したときの人工骨頭

スポンサーリンク

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2大腿骨頚部骨折では、損傷具合によって人工骨頭置換術が選択されますけど、

いつも同じタイプが使われるわけではありません。

例えば大腿骨転子間骨折を合併している場合です。

通常は人工骨頭は主を荷重を内側骨皮質(大腿骨距)で受けて支えますが、

転子間骨折を合併して損傷している場合は、

他に支える場所を作らないといけません。

そこで珍しいタイプの人工骨頭を使うことになります。

ツバイミューラー(遠位固定型)型

そこでコレ。

こういった場合、ツバイミューラー型と言われる

遠位で固定して支えるステム使われます。

56619_1_m

画像引用:人工股関節 SL-PLUS MIA ステム

通常は下の画像のようなフルフィル型(近位固定)と言われるタイプが日本では多く使われています。

seihin_ph_01

画像引用:人工骨頭「モデュラーネックシステム」

近位固定型と遠位固定型の違い①表面の加工

違いは表面の加工にもみられます。

セメントレスタイプは、骨と馴染みが良いように一部ザラザラとした表面に加工(グレーの部分です)されているのですけど、

近位固定型はネック近くの上部、遠位固定型は下側まで全体で固定するように加工されています。

近位固定型と遠位固定型の違い②形

あと形が随分違いますね。

近位固定型は内側骨皮質にひっかけるようになっていますけど、

遠位固定型は太く、髄腔にフィットし全体で捉える形をしています。専門的にはダブルテーパーデザインと言われます。

ダブルテーパーデザインによりFrontal viewではステムの中間位から遠位部分が骨幹部において固定され、Lateral viewでは大腿骨近位髄腔のS字カーブにおいての3点で支持されることによって優れた固定性と支持性を獲得します。

引用:人工股関節 SL-PLUS MIA ステム の医療器具・医療機器の詳細情報

術後リハの違いは?

遠位固定型を使っているときは、

内側骨皮質が損傷した頚部骨折に使うことが多いので、

不安定なため進みが、近位型の人工骨頭よりも遅くなります。荷重時期など安静度をしっかりDr確認する必要があるでしょう。

しっかりOPE記録やレントゲンを確認して、気を配って介入しましょうね。


スポンサーリンク

参考文献・HP

人工股関節 SL-PLUS MIA ステム の医療器具・医療機器の詳細情報

MaximLock|Mizuho P-net ミズホ株式会社|


スポンサーリンク

理学療法士

Facebookもやってるよー(*´ω`*)


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ