【Dorr(ドール)の分類】大腿骨の髄腔の個人差について

スポンサーリンク

人体は生活習慣や人種、遺伝によって形違いが報告されていますけど、

大腿骨の髄腔の形状にも、バリエーションがあるのはご存知でしょうか?

人工骨頭置換術なのどの、髄内挿入が必要な手術で

どれくらいの大きさなら入るのか確認しないといけないんですが、

髄腔の形も合わせてチェックします。

Dorr(ドール)の分類がよく使われるので、ご紹介します。

Dorrの分類は3タイプに分かれている

pmc2852153_ort-1745-3674-81-178-g001

画像引用:Dorr femoral bone classification. Type A: narrow canal | Open-i

上の画像を見てもらうとわかるんですけど、

Dorrの分類はA,B,Cタイプの3型に分かれています。

Bタイプが通常タイプで、AとCが特殊な形をしています。

なのでちょっと順番を変えて紹介します。

TypeB moderate canal

b

タイプBは通常の髄腔です。上部の周径は広く、下になるにつれて緩やかに細くなっていきます。

この形がベターで普遍的。moderate canalは適度な髄腔の意味です。

TypeA champagne-flute canal

a

タイプAはシャンパンフルートとよばれ、髄腔の径が小さく、

骨幹部の髄腔になると急激に細くなるテーパードの形になっています。

PFNAのロングネイルを挿入するときなどは、リーマーを使って削りながら挿入いないと、

入らないし割れてしまう恐れがあります。

31ehq2qzozl-_sy355_

画像引用:Amazon|ロブマイヤー・アンバサダ

シャンパングラスのフルート型がこんな感じ。

クープ型とフループ型があるので区別するために、名前がついてるのかな。

TypeC stove-pipe canal

c

タイプCはストーブパイプと呼ばれる。大きな髄腔でストンと落ちるような太いストレートの形をしています。

幅広なので人工骨頭の収まりが悪く、

太いタイプや体重支持面を工夫された人工骨頭が挿入されます。

stove_1602_01

画像引用:ストーブパイプオーブン

で、こちらがストーブ。上のパイプがそれだと思うんですが、

ストーブパイプ状と言われれば、そう見えなくもないかな、、、、

こう言うのって最初に言ったもの勝ちなところがありますよね。


スポンサーリンク

参考文献:

杉本和隆(監)他,人工関節のリハビリテーション 術前・周術期・術後のガイドブック,三輪書店,pp.17,2015.


スポンサーリンク

理学療法士

Facebookもやってるよー(*´ω`*)


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ