PTB式下腿義足の調整って大変。義肢装具士さんと調整してます。

スポンサーリンク

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

最近、下腿切断の患者さんを診ているのですが

PTB式下腿義足の治療用仮義足が出来上がったので、装着練習を開始しました。

この調整は義肢装具士とリハスタッフでやってるんですけど、

インソールの調整みたいな細かいチューニングが必要です。

僕にとって初めての経験で、貴重な体験だったのでシェアします。

支える場所が重要

imgres

画像引用:義肢 義手 義足 装具 製作所 大阪

足部と一緒で、下腿断端にも

「支えていい場所」と「ダメな場所」があります。

PTBは「patellar tendon bearing」

つまり膝蓋腱荷重の略なので、ここで支えます。

もうひとつ重要なのが膝窩です。

こちらから押し出す形で 、はじめて膝蓋腱に荷重が成立するので、

後方のタイトさが必須になります。

調整はヒートガンとフェルト

ソケットは2つに分かれます。

ハードソケット:外側の固いやつ。上質な樹脂性。

ソフトソケット:内側の柔らかいやつ。仮義足なので布性。本義足ではシリコンになります。

ハードソケットは樹脂性なので、ヒートガン(数百度)で加熱・圧迫を繰り返して1mm単位で調整します。

ソフトソケットは2mmと4mmのフェルト生地を使って微調整をします。

脛骨前縁の発赤には要注意

注意するべきは脛骨前縁と切断された下端前面です。

ここに荷重がかかって、

創ができてしまうと装着練習は進みません。

時期が時期だけに、靴ずれどころの騒ぎじゃありませんよ。

在宅での歩行予後が変わります。

ですから尖った前縁部分の荷重を逃すように、

両脇をハードソケットが支える構造になっています。

これでも調整できないときは、

フェルト生地を10cm×3cmくらいで切って、

脛骨前縁の両脇に貼り合わせて対処します。

これがテンプレ的な対応なのですが、脛骨の外捻角は人それぞれ違うし、

固いの浮腫状況や創部状態も異なるので、微調整は歩行練習とあわせて随時やらないといけません。

インソールでの調整経験がこのとき生きます。

下腿が細すぎてもダメ

ソフトドレッシングで縛り上げて、

下腿を小さくする努力をするのですけど

細すぎても問題があります。それは膝窩の押し出しのタメです。

採型を行っても下腿断端は生き物なので、大きくなったり小さくなったりします。

トレーニングによっては腓腹筋残った部分の萎縮もあるでしょう。

小さすぎたときは、腓腹筋起始部部分に

2mm or 4mmフェルトを7cm×10cmくらい貼って

下腿を押し出しときます。

いまのとこはこんな感じ!調整がすすめば随時更新します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

理学療法士

Facebookもやってるよー(*´ω`*)


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ