広背筋の触診

スポンサーリンク

image409

広背筋の概要

広背筋は脊柱や骨盤にまで達して付着する広く平らな筋で、伸展・内転方向に大きな力を発生させます。

忘れがちですが肩甲骨の下角にも付着しており、肩甲骨の下制にも参加します。

英名のlatissimus dorsiのdorsiはラテン語で「背」を意味するドルスムdorsumの属格。

広背筋の詳細

和名 広背筋
英名 latissimus dorsi
起始 ・上部は僧帽筋に覆われて第6胸椎の棘突起

・胸腰筋膜

・腸骨稜後部の外唇

停止 結節間溝底部、肩甲骨下角
作用 肩関節の伸展・内転・内旋、肩甲骨下制
支配神経 胸背神経 C6-8
支配血管  胸背動脈、頸横動脈
形状  
筋連結 外腹斜筋、大胸筋、大円筋、三角筋、上腕三頭筋、脊柱起立筋、烏口腕筋、

上腕二頭筋、橈骨手根屈筋、尺側手根屈筋、僧帽筋、下後鋸筋、棘下筋

触診 腋窩の後壁を外縁を作っており、容易に触診可能

触診の手順

赤色:広背筋

青色:大円筋

黒色:Th7、腸骨稜、肩甲骨など骨の補助線

書き方と全体像

まず肩甲骨と腸骨稜を書いてしまいます。頸部を屈曲してC7をだしてそこからたどってTh2と7の棘突起も書きましょう。

Th2は上角、Th7は下角の位置にあるので、肩甲骨と比べながら棘突起を数えるといいでしょう。

次に上後腸骨棘と上前腸骨棘を仮想の線で横にむすんだ中央から2横指横の位置から、広背筋がはじまるので、

筋の縁をたどって腋窩まで書きます。あと下角からTh7に向かって広背筋の縁を触りながら書きます。

dsc01742

腋窩はこんな感じ、青色が大円筋で、ここから触り分けに苦労しました。

dsc01748

背臥位で上肢挙上。広背筋は肋骨に掛かるようにカーブしながら小結節方向に伸びるので、触りわけて書きます。

dsc01740

広背筋上縁部

dsc01745

上縁部は横に走る線維を指でしっかり感じることができました。

広背筋外側縁部

dsc01744

上後腸骨棘から外側と簡単な指標を頭に置いて、外側に膨らむカーブを図と照らし合わせて触診すると

こちらも容易に触診可能でした。腋窩に侵入するあたりから、走行の判別が難しくなります。

広背筋腋窩部

dsc01741

腋窩の後壁は大円筋と広背筋で、

深く指を差し込んで下角から伸びていくのが大円筋、表層を走るのが広背筋と触り分けましょう。

内転方向に抵抗運動をかけると、広背筋が浮き出るので触り分けが容易になります。お試しあれ。


スポンサーリンク

触診のためのオススメの本はコチラ

参考文献;

監訳 山崎敦ほか,オーチスのキネシオロジー 身体運動の力学と病態力学 原著第2版,2012.

編集 鈴木重行,ID触診術,2005

編集 河上敬介,磯貝 香,骨格筋の形と触察法.2013

監修 河合良訓,肉単(ニクタン)〜語源から覚える解剖学英単語集〜.2004s


スポンサーリンク

理学療法士

Facebookもやってるよー(*´ω`*)


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ