【触診の相棒】体に書くなら「ゼブラ 水拭きで消せるマッキー 」がオススメ!

スポンサーリンク

触診の練習をするときって補助線をマジックで書いるのですが、

一つ困ることがあります。

すごーく消えないんです!

この前も後輩の首に胸鎖乳突筋を書いたんですけど、帰りにコンビニも寄れなかったそうです、、、

ホントすまん。毎回申し訳ないなーっと思っています。

本当です

dsc01680-375x500

でも今度から大丈夫!

なぜなら水で消せるマッキーを買ったからなのだ!

じゃーん。これでお風呂で格闘しなくても良くなるはず。

dsc01727

この「水拭きで消せるマッキー」名前の通り、水で簡単に消えてくれます。

ただし「滑らかな面に書くと」と注意書きがあって、

本来は金属やプラスチックに使用するものなのです。

なのでまずは金属で実験。

とりあえず記事を書いてるMacBook Airに落書きしてみる。

dsc01728

すると、、、

さっと水拭きするだけでとれちゃう!

内心ヒヤヒヤでしたけど、これにはちょっと感動しました。

dsc01729

でも正直、人体でさっと落ちるかは疑問です。

油分もあるし、ツルッとしてると言い難い。

というわけで、実験してみる。

すると、、、

dsc01730

とりあえずマジックなのでキレイに書けました(笑

それで少し拭いてみると

、、、

dsc01731

随分とキレイにとれるじゃない!

普通のマジックに比べて明らかに水拭きで消せるマッキーの方が取れやすい。労力は1/30くらいでしょうか。

コレで書かれるひとの負担も減って、触診の補助線書きたい放題です!

ただし、水の上から書くと滲むので消したあとですぐ書くには乾拭きが必要。注意しましょう。

これで触診の記事どんどん書いてくので乞うご期待!


スポンサーリンク

理学療法士

Facebookもやってるよー(*´ω`*)


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ