ARCRの生体吸収性アンカーと金属製アンカーの違い

スポンサーリンク

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84

ARCRはネジと糸で、内視鏡で腱板を引っ張ってくっつける手術なのですが、

そのネジのことをアンカーと呼びます。

これには金属製と生体吸収素材製の2つがあるのは、

ご存知でしょうか?

今回はマニアックな生体吸収アンカーと金属アンカーの違いを

まとめてみました。

生体吸収アンカーと金属アンカーの違いまとめ

  生体吸収性アンカー 金属製アンカー
骨質による適応 考慮が必要 悪くても打てる
x-p 映らない 映る
MRI 映る アーチファクト
再OPEのしやすさ 吸収語はもう一度、アンカーを打てる 同じ場所には打てない

固定性の違いと骨質による適応

金属アンカーと生体吸収アンカーは特徴によって適応が分けられています。

金属製アンカーはより強い固定性を期待する場合や、骨質の悪さを考慮された場合に使用されます。

一方、生体吸収アンカーは金属の腐食などがなく副作用が小さいメリットがあります。なのでとくに若年者に奨励されます。

また再断裂が起きた場合、金属アンカーでは再び打ち込む位置が限られますが、

再度同じ位置に打ち込むことができる利点があります。

x-pとMRIの写り方の特徴

実は金属アンカーと生体吸収アンカーで、画像の写り方が違います。

x-pだと生体吸収ネジは見えないんです。(気合を入れると痕跡なら見えます)

手術をしているDrには自明なことなのですが、

はじめてARCRのオペ禄と単純レ線をみている理学療法士の僕からすると、

オペ禄ではアンカーを5本以上使ってるはずなのに、レ線では1本しか入ってない!

なぜ???

ってなったりしてました。

コレって単純に金属アンカーしか見えていないだけなんですよね。

ちなみに金属アンカーも干渉しない素材を使用されいるので、MRIも撮影可能なのですが、

こちらでは複数のアンカーを確認できたりします。

ただし金属アンカーは小さいけど、若干アーチファクトになって歪んで変な感じ見えます。


スポンサーリンク

参考文献,HP:

(監)越智光夫(編)米田 稔,スキル関節鏡下手術アトラス肩関節鏡下手術,文光堂,2010.

鈴木昌和,生体吸収性医用材料の開発,線維と工業57(2),pp69-71,2001.

肩腱板断裂修復治療のための新しい「吸収性 … – ジンマー バイオメット 


スポンサーリンク

理学療法士

Facebookもやってるよー(*´ω`*)


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ