足部免荷装具 Med-Surg (メド・サージ)を試してみた!

スポンサーリンク

足底を部分的に免荷したいなーってときありませんか。

僕は魚の目や下肢虚血による潰瘍とか、巻き爪、クロウトゥなどが思い浮かびます。

だいたいフットケアをメインに行ってもらって、僕は市販のインソールや100均アイテムを駆使しながら免荷をはかってみてました。

でもなかなか上手くいかないんですよねー。そこでPTジャーナルVol 50(9)をパラパラめくっていると面白そうなアイテムを見つけたので、

装具屋さんに相談してみたところ、サンプルをいただくことができました!

それがDARCO社制作 Med-Surg (メド・サージ)!足底の免荷が機能的にできる優れものです。選択肢のひとつになりそうなので、ご紹介します。

DARCO社制作 Med-Surg (メド・サージ)の使用感

外観は左右どちらでも履けるサンダル。

img_3989

中の青いインソールがとれます。

img_3977

で、インソールがすごいの。ハニカム構造みたいになってて、免荷したい部分だけとりはずすことができるんです!

img_3974

母趾球あたりを免荷するとこんな感じ。

img_3975

剥がしたところは、両面テープになっててスグに外せるし粘着力のある限り、くっつきます。

本当はチョークのようなものが付随して免荷場所が写せるようになっていて、外す場所がわかるそうです。今回はなかったので使用していません。

img_3984

六角はかなり弾力があります。

img_3985

思いっきりピンチしても、潰れることはありません。

img_3986

実際に装着してみた!

装着した状態です。さきほど免荷した部分だけ、指で抑えたら凹みます。

img_3980

ほかのところは抑えても凹みません。

img_3981

実際に履いてみました。

img_3982

踏み込んでも固い底を感じず、フワフワしています。

免荷されてる部分は、完全に浮いてるわけじゃくて触れてるので、触れるだけで痛いと厳しそうだけど、そうじゃなければ結構いいかも。

インソールの厚さが1cm程度あるので、装具越しじゃないと普通は履けませんが工夫しだいでは、他でも入るんじゃないかな。

しかし、免荷部分が外れるとかえって悪化あることもあるそうなので、注意が必要です。

欲しい人は装具屋さんに相談してみてくださいねー。


スポンサーリンク

参考文献,HP:

宇野秋人,足部潰瘍に対するフットウェアの選択と効果判定,理学療法ジャーナル50(9),pp.839-846,2016

DARCO Foot Wear


スポンサーリンク

理学療法士

Facebookもやってるよー(*´ω`*)


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ