「書籍紹介」の記事一覧

【書籍紹介】99%の会社はいらない

著者は言わずと知れた「ホリエモン」こと、 堀江貴文さんです。 この本を読んだら、僕達の多様性がどんな未来を作るのか楽しみになりました。 今回は感想文なのであしからず。 理学療法士の多様性 僕は理学療法士として頑張っている・・・

【書籍紹介】すべては脳の疲労が原因

疲労の正体ってなんだろう? 著者は「すべての疲労は脳が原因」と言い切っています。 疲労本ってジャンルを知らなかったので、とても興味深く読書させていただきました。 疲労と少し上手く付き合えるかも?そんな気になる一冊です。 ・・・

【文献紹介】右大腿前外側の異常感覚により端座位保持困難で あった腰椎椎間板症患者の一症例

紹介する文献は2007年に関西理学療法に掲載された「右大腿前外側の異常感覚により端座位保持困難で あった腰椎椎間板症患者の一症例」です。著書は安井先生ほか4名の方で書かれています。 まず研究内容。表題とおりです。 本症例・・・

【文献紹介】当院における腱板断裂術後の実態調査

紹介する文献は東北理学療法学に2014年に記載された「当院における腱板断裂術後の実態調査」です。著者は鈴木宏奈先生、小野健太先生の2名です。 この文献はARCR後の再断裂リスクについて、リハビリ視点から書かれている数少な・・・

【文献紹介】腰痛理学療法に対するEBPT

ご紹介するのは、「腰痛理学療法に対するEBPT」2009年に理学療法学に掲載された伊藤俊一先生の文献です。 内容は2007年の腰痛診療ガイドラインを理学療法の観点から整理されたものなのですが、 当時ガイドラインの利用状況・・・

【書籍紹介】長引く痛みの原因は、血管が9割

「長引く痛みの原因は、血管が9割」とセンショーナルなタイトルに煽られると、 「ホントかよー?痛みは認知やら絡んで複雑なものだと、啓蒙が進んでるじゃん!」 って思いませんか? 僕は思いました。 本書は2015年に書かれた一・・・

【文献紹介】義足のデュシャンヌ歩行にシュロス法を試みてみた文献

デュシャンヌ歩行の改善方法を調べてみてたら、面白い試みをされていたのでご紹介。 タイトルは「義足歩行時にデュシャンヌ歩行を呈した大腿切断者に対する シュロス法適用の試み」です。柳沢和彦先生と浅田啓嗣先生による2015年の・・・

おすすめ本「図解 四肢と脊椎の診かた」

1984年初版の古い本なのですが良書なのでご紹介します。 『図解 四肢と脊柱の診かた』価格5200円+税  著者はStanley Hoppenfeld先生です。 『図解 四肢と脊柱の診かた』のオススメポイント ジャンルは・・・

このページの先頭へ