「足関節」の記事一覧

Jones骨折(ジョーンズ骨折)は血流が悪い難治性骨折

スポンサーリンク ジョーンズ骨折って治りにくいんですよ。 ジョーンズ骨折って、サッカーの香川選手が数年前に受傷した骨折で有名になった骨折です。 一般的に骨折って血行の良い場所は癒合しやすくて、悪い場所は癒合しにくいです。・・・

足部免荷装具 Med-Surg (メド・サージ)を試してみた!

足底を部分的に免荷したいなーってときありませんか。 僕は魚の目や下肢虚血による潰瘍とか、巻き爪、クロウトゥなどが思い浮かびます。 だいたいフットケアをメインに行ってもらって、僕は市販のインソールや100均アイテムを駆使し・・・

陳旧性アキレス腱断裂のリンドホルム法の術式と予後

 アキレス腱再断裂や陳旧性再断裂などにリンドホルム法(Lindholm法)が選択されることがあります。 切れた筋肉は時間がたってしまうとちぢんでしまい、切れ端同士は離れてしまいます。 そうなるともとの組織同士を縫合できま・・・

下腿ギプス固定後の深腓骨神経麻痺にご用心

アキレス腱断裂後に縫合を行った症例さんがいらっしゃるのですが、どうやら深腓骨神経麻痺を合併してしまったようです。その過程で前足根管症候群とコンパートメント症候群の可能性を考えたのでメモしておきます。 この方縫合後ギプスで・・・

アキレス腱断裂は保存と手術どっちが再断裂しにくい?

アキレス腱の断裂はあまり遭遇しない疾患ですが、中高年のスポーツ参加が増えた近年では増加しているのではないでしょうか。今回は長年議論の対象になっている保存療法と手術の違いを調べてみました。 治療法には保存療法、観血的縫合術・・・

足趾の筋力増強は高齢者の転倒予防に有効

高齢者の方と関わっていると退院した方がすぐに転倒して、また入院してくることってありますよね。 そんなときはお互いやりきれない気持ちになってしまいます。なのでを転倒予防しないといけない!とは思うものの、環境設定や見守りだけ・・・

片麻痺の短下肢装具「ゲイトソリューション」を病院に借りてみた。

勤めている病院では超高齢者の方が多く装具療法の対象になる方は少ないのですが、たまに急性期病院から転院で若い脳血管障害や脊損の方が来られます。 今回は短下肢装具の適応になりそうな方がいらっしゃったので、義肢装具士さんに相談・・・

距骨骨折は血流がポイント【骨壊死と人工距骨】

距骨骨折は強力な外力で背屈を強制され、脛骨や腓骨に挟まって骨折する場合が多いです。 例:車でブレーキをかけたまま交通外傷 そのため周囲の骨を巻き込みながらの骨折もよく見られます。 またスノボーやダンスで外側結節などの突起・・・

整復後の踵骨骨折の単純x線でチェックする3つのポイント

踵骨骨折の予後は大まかに2つの要因に左右されます。 1つ目は「関節内・外骨折のどちらか」です。踵骨の70%は関節内骨折であり、関節内は予後不良の因子です。 2つ目は「骨片の数はいくつか?」で骨片の数と部位によってSand・・・

腓骨は足関節背屈でどっちに回旋する?外旋?内旋?教科書11冊を比べてみた。

背屈の際、距腿関節がわずかに広がり距骨が入り込んでいきます。このとき腓骨は外に広がり挙上してわずかに回旋するのですが、この回旋方向は教科書によってバラバラに記載されています。これではどっちに誘導すればいいか迷ってしまいま・・・

このページの先頭へ