「膝関節」の記事一覧

【膝関節編】整形外科でよく使う医学英語と略語

整形外科領域でよく使う膝関節の略語をまとめました。 あれ?MFCってどこだっけ?っと思ったら使ってみてください。 手術記録の読解などに役立つと思います。 膝関節の略語まとめ 骨の名前 和名 略語 英語 大腿骨内側顆部 M・・・

TKAの膝伸展0度の獲得に工夫している4つのこと

TKAの屈曲はOPE中の角度を参考に必死に曲げるので、なんとかなるんですけど 伸展は油断してなのか、屈曲拘縮になってしまいがちです。なので最近は伸展に注目してアプローチをしています。 そんな流れもあって急性期のTKAを診・・・

PTB式下腿義足の調整って大変。義肢装具士さんと調整してます。

最近、下腿切断の患者さんを診ているのですが PTB式下腿義足の治療用仮義足が出来上がったので、装着練習を開始しました。 この調整は義肢装具士とリハスタッフでやってるんですけど、 インソールの調整みたいな細かいチューニング・・・

【お絵かき】そうだ触診の勉強をしよう。大腿〜下腿編

最近はスタッフの足を借りて、いそいそと筋肉に筆を入れています。これが頭を使って適度な難易度でおもしろいんですよ。はじめは実習生に触診を勉強して欲しくて始めたのですが、なかなかハマってしまいました。 骨格筋の形と触察法と見・・・

DrはTKAのギャップをどうやって微調整しているのか

TKAの手術ではギャップがとても大切にされています。 ギャップとは関節裂隙の空間のことで屈伸ともにギャップの値が設定されていて、 うまく調整できないと曲がらないし伸びない膝ができあがります。なのでDrは構築学的に成立する・・・

膝の後方内側回旋不安定性について調べてみた

ROM-exをしていると膝関節の回旋不安定性を感じることはないでしょうか。 今回は脛骨高原骨折の保存の患者さんを担当させて頂いたのですが、安静期間が終わりギプス固定が外れて荷重許可!さーROM-exと荷重練習をはじめます・・・

SLRの大腿四頭筋トレーニングとしての疑問点!

SLR(Straight-leg-raising)やパテラセッティングは等張性運動に比べて膝関節への負荷が少なく痛みを伴わずに実施できる等尺性運動のため、下肢の術後早期や膝OAの大腿四頭筋トレーニングとして臨床場面で一般・・・

ACL再建術のBTB法とSTG法の特徴

日本でのACL再建術の多くはBTB腱(膝蓋腱)とSTG腱(半様腱、薄筋)のどちらかの自家腱を使って手術をされます。 過去には人工靭帯が主流の時期もありましたが緩みや骨孔の拡大など報告されており長期的な成績が不良なため、今・・・

脛骨近位端骨折の分類と画像のみかた

脛骨近位端骨折は高原骨折やプラトー骨折とも呼ばれます。プラトーは英語で「高原」のことで、関節面の形を例えているとされています。荷重関節の関節内骨折であり、半月板損傷や靭帯損傷を合併しやすいため可動域制限や不安性が問題にな・・・

膝の人工関節置換術 UKAとは?TKAとの違いは?

UKAとはUnicompartmental Knee Arthroplastyの略で人工膝関節単顆置換術のことを指します。人工膝関節の手術ではシェア5%と少ないです。 TKAは内顆、外顆ともに置換しますがUKAでは障害さ・・・

このページの先頭へ